プロフィール

芳野綺羅々

Author:芳野綺羅々
芳野綺羅々

☆リネージュ2(リオナ)

所属:ぱっしょーね
メイン:・れもん・


☆AION(シエル)

所属:無所属
メイン:・れもんらいむ・


☆トイウオーズ

所属:(`・ω・´)
メイン:yosinokirara


☆ブラウザ三国志(17鯖)

所属:大奥
メイン:・れもん・


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語シリーズ

西尾維新のシリーズですね(´・ω・`)

化物語 上 下
偽物語 上 下
傷物語
猫物語 黒 白
傾物語
囮物語
鬼物語
恋物語
花物語

終物語 上


以上を購入し読み終わっています!

それぞれの物語は厚さの割に内容的には少ないです。

言葉遊び という言葉がよくこの本の紹介で出ますが、まさにその通りだと思います。







振り向くと死体がゾンビになっていた!



ミステリー小説風

物音に後ろへ振り返ると死んでいたはずの人間が立ち上がり動いていた。



ライトノベル風

振り返ると動かぬはずの-ソレ-は活動を再開し、まるで生きているかのようにこちらへ向かってきている。


クトゥルフ神話風

後ろを見るべきはずではない首がそちらを見なくてはいけないかのように勝手にそちらを向き、物音の主を確認、視線を死者へ視線を釘付けにし、そして驚愕し絶叫する。
虚ろな虚空に漂う赤き光を灯した双眼、口唇から肉汁の如き下たる液体、この世の元とは言い難い名状しがたき物へ成り果て、それでも生への渇望が見え、先ほどと同じ形状でこちらへ向かってくる彼の姿がそこにある。


物語風

俺は後ろを振り向くべきじゃない。
なぜならそこに居るものが大体わかってしまっている。
振り向かず走り出すべきだ。
後ろに居たやつが死んでいることは先ほど確認し、ココには俺しか居ないはず。
そこで音がしても、何も居るはずはない。
だから俺はここから一刻も早く立ち去るべきなんだ。
だが俺の首はそうはさせてくれないようで後ろを向くことを強要してくる。
せめて視線がそちらを向かないように抵抗するが無駄なことだ。
そして俺は見てしまう。
先ほど確認した死んだはずの人間が立ち上がっていることに!
なんなんだ・・・・・・
何が起こっているんだ・・・・・・
落ち着け・・・・・・
よく考えて行動しなければ取り返しの付かないことになりそうだ。
深呼吸しろ・・・・・・
(以下略



見たいな感じですかね(´・ω・`)

所詮俺の考えた文なのでよく分かりませんね!

まぁさらにわかりやすく言うなら風で舞い上がったスカートの中にあるパンツについて数ページ程、使っちゃう感じの小説です!

物語の主人公の主観を中心に思考を中心に、語りつつ、進んでいく。

そんな感じの本です。

好き嫌いが出てしまうネタが多いので全部いっぺんに買わないでまず一冊買って読んでみてからの方が良い作品だと思います。

俺は好きです。

こういう口語調の本は入りやすく、読み進めやすいので、サッと世界観に浸れ、すぐに集中することが出来るので読みやすいです。

皆さんもぜひ西尾維新ワールドを!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://yosinokirara.blog.fc2.com/tb.php/44-35e10771

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。